NavCoin Core 4.6.0

Craig MacGregor
7 May 2019
NavCoin Core 4.6.0

NavCoin Core 4.6.0

NavCoin 4.6.0では、コミュニティファンドUI、ニーモニックシードフレーズのサポート、ブロックの再編成と支払い要求に関する最近のバグなど、多くの新機能が追加されています。

コミュニティ基金UI

<Pull Request 428> <Commit cbffaee>

  • コアウォレットにコミュニティファンドタブを追加
  • 提案および支払い要求を表示およびフィルタリングする機能
  • 提案および支払い要求は、投票して作成できます
  • 古いCommunity Fund UIを削除

異なるアドレスでのステーキング報酬の蓄積

<Pull Request 401> <Commit 2fb7b47> この機能は、ステーキング報酬が蓄積されるNavCoinアドレスを設定する -stakingaddress起動引数のサポートを導入します。また、1つのアドレスから別のアドレスへのマッピングを指定して、最初のアドレスのステーキング報酬を2番目のアドレスに預けることができます。

stakingaddressは次のものを取ります:

  • 1つの引数(1つのNavCoinアドレス)、例: -stakingaddress = NxxxxMyNavCoinAddressxxxxxxxxxxxxx;または
  • JSON引数。複数のステーキングアドレスを対応する受信アドレスにマッピングします。 -stakingaddress = {" NxxxxMyStakingAddress1xxxxxxxxxxxx ":" NxxxxMyReceivingAddress1xxxxxxxxxx "、" NxxxxMyStakingAddress2xxxxxxxxxxxx ":" NxxxxMyReceivingAddress2xxxxxxxxxx "、" NxxxxMyStakingAddress3xxxxxxxxxxxx ":" NxxxxMyReceivingAddress3xxxxxxxxxx "}。 JSON引数の1つのステーキングアドレスを「all」に設定することもでき、特に指定がない限り、すべてのステーキングアドレスからのステークは受信アドレスに送信されます。 -stakingaddress = {" all ":" NxxxxMyReceivingAddressALLxxxxxxxx "、...}

コールドステーキングとは互換性がありません。

ニーモニックシードフレーズのサポート

<Pull Request 400> <Commit 375c657> このPRは、ニーモニックとしてエンコードされた既存のマスター秘密キーをエクスポートする新しいRPCコマンドを追加します。 dumpmnemonic言語を指定する引数を許可します。 2つの新しいウォレットオプション( -importmnemonicおよび-mnemoniclanguage)のサポートも追加され、指定されたニーモニックから新しいウォレットを作成できるようになりました。

孤立したステークスの後の間違ったバランスを修正

<Pull Request 438> <Commit 4041e3e> このPRは、孤児の賭け金の後に間違った残高が表示されるという歴史的な問題を修正します。

支出住所によるコールドステーキング住所の未使用出力のインデックス作成

<Pull Request 434> <Commit 404d85f>

-addressindex = 1でノードを実行すると、コールドステーキングアドレスの支出pubkeyhashでRPCコマンド「getaddressutxos」を実行すると、pubkeyhashがコールドステーキングトランザクションの支出キーであるものを含む、そのキーで使用できるutxoがすべて返されるようになりました。 以前は、そのpubkeyhashに直接送信された通常のutxoのみが返されました。

支払い要求の再編成の修正

<Pull Request 456> <Commit 688bf4d>

このPRは、無効なハッシュ(まだ設定されていないか、メインチェーンから外れている)を含む支払いリクエストが、すでにリクエストされているプロポーザルの残高をカウントしないようにします。

詳しくは

完全なリリースノートについては、 4.6.0 GitHubでのリリース.

NavCoin Core 4.6.0をダウンロードするには、 ウォレットのダウンロード ページ。

Craig MacGregor
7 May 2019